tel:048-812-4185

〒349-0127
埼玉県蓮田市見沼町15-2

診療時間 9:00~12:30/14:00~19:30
※土日は17:00までとなります。
水曜、第二・第四日曜、祝日休診

小児歯科|子どもと一緒に安心して通える蓮田市の歯科 あおいデンタルクリニック

子どもの歯について知りたい小児歯科

  • 24時間 予約OK! WEB診療予約はこちら
  • セカンドオピニオン - 受付中 -
  • こうづ歯科クリニック さいたま市北区の歯医者
  • 上尾ファミリー歯科 上尾市の歯医者
  • 新狭山デンタルクリニック
Mobile Site

乳歯のむし歯に気をつける必要があるのはなぜ?

乳歯は永久歯と比べて、エナメル質・象牙質ともに約半分くらいしかありません。また、抵抗力が低いため、歯を補強する再石灰化の力が永久歯に比べて劣ります。そのため、乳歯はむし歯になりやすいといえます。しかしながら、お子さんは自身で十分なケアができません。むし歯にならないよう、親御さんがケアしてあげる必要があるのです。

親御さんに知っておいてほしい乳歯の特徴

  • 乳歯はエナメル質・象牙質が薄く、むし歯の進行が早い
  • むし歯菌などの細菌に対する抵抗力が弱い
  • お子さんが大好きな甘いものはむし歯菌の大好物
  • 乳歯がむし歯になると、永久歯の生え変わりや歯並びにも影響がある

お子さんの歯をむし歯から守るために

ポイント1

食事やおやつはきちんと時間を決める
時間やタイミングを決めずだらだらと食べていると、お口の中に糖分が残りやすいため、むし歯リスクが高まります。きちんと時間を決めた、規則正しい食生活を身につけさせてあげましょう。

ポイント2

食後にお口をさっぱりさせる習慣を
食べた後にお口の中をさっぱりさせる感覚を身につけさせることが大切です。食後のブラッシングで食べかすをきちんと落とすことが一番ですが、お口をゆすいでさっぱりさせるのもよいでしょう。ミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は、歯をガーゼなどできれいに拭くことでさっぱりさせてあげましょう。

ポイント3

甘い食べものには要注意
栄養補給としても大切なおやつ、特にお子さんの大好きな甘いものは、むし歯菌の栄養源にもなります。糖分を多く含む、アメ、チョコレート、ソフトキャンディ、グミなどは食べすぎるとむし歯リスクを高めます。ノンシュガー(シュガーレス)のものや、キシリトール入りのおやつも登場していますので、積極的に活用しましょう。

ポイント4

乳歯の生えはじめる時期から通院OK
はじめての歯医者さんには、むし歯リスクが発生する乳歯の生えはじめた頃からお連れいただいて大丈夫です。歯医者さんをこわがらず抵抗なく通院できるよう、はじめのうちは治療することはほとんどありません。まずは、お口の中を見ることで、今後の成長を考えて適切な予防を行います。

お子さんにこんなクセありませんか?

お子さんのちょっとしたクセにより、歯並びや咬み合わせを乱したり、お口の健康を悪化させたりすることがあります。その後の成長に悪影響を及ぼすことがあるため、注意が必要です。

ほおづえ
うつぶせ寝・横向き寝
頭の重みが顎への負荷になり、顔の骨格が歪んだり、歯列の乱れにつながったりします。
指しゃぶり
爪を噛む・舌で歯を押す
歯に直接負荷がかかり、出っ歯など歯列の乱れにつながります。
口呼吸 舌の位置が正常でなくなるため、歯並びの乱れを引き起こすことがあります。また、お口の中が乾燥し、細菌が増えやすくなります。
よく咬まない食事
食べものの丸呑み
しっかり咬むことが、顎の骨の発達を促します。逆に、よく咬まない食事は成長に悪影響を与えます。また、よく咬まずに食べものを丸呑みしてしまうと、消化器官への負荷にもなるので要注意です。

このようなクセに気がついたら、なるべく早くやめさせてあげましょう。また、気になることがあるなら、できるだけ早めに当院へご相談ください。

小児歯科処置方法

ブラッシング指導

お子さんの発達段階、お口の状況に合わせたブラッシングの仕方を指導します。小学校低学年くらいまでは、親御さんの仕上げみがきも重要ですので、仕上げみがきについてもきちんとアドバイスいたします。

シーラント

奥歯には深く複雑な溝があり、ブラッシングしづらいうえに食べかすが詰まりやすいためむし歯になりやすくなっています。この溝をプラスチックでふさぐことで、食べかすの詰まりを防ぎ、むし歯を予防します。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促すフッ素を抵抗力の弱いお子さんの歯に塗ることで、むし歯に強い歯をつくります。乳歯・生えたての永久歯ともに効果があり、定期的な塗布によって、より高い効果が見込めます。

過剰歯の抜歯

通常生えてくる歯の本数よりも多く生えてくる歯があります。これを過剰歯といい、周囲の歯の成長や歯並び、咬み合わせに悪影響を及ぼすことがあります。そのため、抜歯が必要と咬み合わせなるケースがほとんど。当院では、適切な時期に抜歯いたします。

お子さんを歯医者嫌いにさせないために

小さいお子さんは歯医者がどういうところかまだ知りません。来院の際には「こわい」「痛い」といったマイナスの先入観を植えつけないよう、次のような点に気をつけていただければ幸いです。

叱るときに「歯医者さんに連れて行くよ」といわないでください
お子さんがブラッシングを嫌がったとき、何か悪いことをして叱るときに、歯医者を引き合いに出すなど、マイナスイメージに結びつけないでください。
歯医者に連れてくるときに安易な言葉を使わないでください
親御さんの「見るだけ」「痛くない」といった言葉を信じてお子さんが来院すると、治療が必要であったり痛みがあったりしたときに、お子さんが「だまされた」と感じてしまうことがあります。必要な治療が行えない場合もありますので、ウソはつかないでください。
心の準備なしに連れて来ないでください
慣れない場所に不意打ちで連れてこられると、誰でも不安に思うものです。歯医者がどういうところか、なぜ行く必要があるのかをきちんと説明し、お子さんが納得して心の準備ができてから連れてきてください。
親御さん自身がリラックスしてください
大人の緊張はすぐにお子さんに伝わります。親御さん自身が歯科医院でリラックスして、普段通りにお過ごしください。
治療後はほめてあげてください
治療中に泣いてしまっても、どんな小さな治療でも終わったらほめてあげましょう。大げさなくらいでもかまいません。次の来院、次の治療をがんばれる自信につながります。

お子さんの歯のことで不安なことがありましたら、お気軽に当院へご相談ください。

PAGE TOP